村川 透 Toru Murakawa
'37年山形県出身。'72年に「白い指の戯れ」(日活)で監督デビュー。松田優作との「遊戯」シリーズ、「野獣死すべし」、「白昼の死角」、「もっともあぶない刑事」他多数を監督。現在もテレビドラマ等で精力的に作品を発表し続けている。
-----------------------------------------------------------------
高橋 英樹 Hideki Takahashi
高校在学中の昭和36年5月、日活ニューフェース5期生として入社以来、映画・テレビドラマ・舞台で主演を張り続ける映画全盛期の輝きを放つ最後のスター。近年はバラエティ番組などにも活躍の幅を拡げる。代表作 映画『激流に生きる男』『男の紋章』シリーズ『けんかえれじい』『伊豆の踊子』他、テレビドラマ『桃太郎侍』『慶次郎縁側日記』シリーズ『十津川警部』シリーズ他
-----------------------------------------------------------------
須藤 雅宏 Masahiro Sudo
27才の時、六本木でスカウトされ武術家から俳優へ。村川監督『行き止まりの挽歌〜ブレイクアウト』(88)の殺し屋役では観るものを戦慄させたかと思えば、『ベストガイ』(90)では人のいい教官を演じるなど幅の広さが持ち味。身長187cmの見事な体躯を活かし、世界に向けた時代劇を発進すべく武術・殺陣の修練に励む。『よるべなき男の仕事〜殺し』『あぶない刑事リターンズ』他
-----------------------------------------------------------------
荒井 幸博 Yukihiro Arai
'57年、山形県出身。シネマ・パーソナリティーやインタビュアーとして、各種メディアにて映画紹介やリクエスト番組を担当。これまでの対談・インタビュー相手には、長嶋茂雄、田中邦衛、高畑勲、宮崎駿、山田洋次、西田敏行、故・相米慎二らがいる。
 

著作・運営:村川透映画祭実行委員会 TEL 0237-55-2111(代表)